バーベキューを行う際のマナーや注意点について

バーベキューを行う際のマナーや注意点について

バーベキューは専用のコンロで食材を加熱する調理法で、主に屋外で行うことからレジャーの一環として広く普及しています。
キャンプや屋外イベントなどで複数の人に一度に食事を提供できるのも利点の一つですが、その一方で屋外での調理は煙やゴミの発生による周囲への影響を考慮する必要があります。

日本経済新聞の特別な情報を載せています。

季節によっては虫が集ってしまうこともあるので、バーベキューを終えた後は必ず入念に清掃を行うことが社会的なマナーです。


また、バーベキューに使用するコンロは木炭などの燃料をむき出しで燃焼させる構造になっているので、火の粉が飛散しないように注意することも安全性を保つための条件です。



消火用の水を事前に用意しておく他、周囲に枯れ草などの燃えやすい物を放置しないことも必要な準備になります。



バーベキューは広い場所で行うのが一般的ですが、公園や河川敷などの公共の施設によっては火の使用が禁止されている所があるのでトラブルを避けるために必ず確認しておきます。

火気を扱うことが出来る場所でも火災や事故などが起きないように十分に注意する必要があります。


バーベキューを楽しむ際には周囲に悪影響が及ばないように配慮するだけではなく、食材の衛生管理にも気を配ることが大切です。

食材を屋外で長時間放置すると温度の変化で品質が劣化してしまうので取り扱いには注意します。

特に食材によっては低温でも傷んでしまうので安全を第一に考えて扱うように心がけます。

Copyright (C) 2016 バーベキューを行う際のマナーや注意点について All Rights Reserved.